ファクタリングを利用する時は悪徳業者かどうか吟味しよう

factoring

原則として直接面談が必要な理由!出張面談のメリット!

会議中

ファクタリングで売掛金を売却譲渡することは、資金繰りがショートしそうな会社にとって大きなメリットがあります。ファクタリングによる資金調達は、金融機関からの融資に比べ、実行までに要する期間は短く、直ぐに資金を調達出来る可能性があります。
ですが、短期間で資金調達が可能といっても、ファクタリング契約のためには原則的に直接面談が必要になっています。そのため、忙しい経営者や経理部門管理者はスケジュール調整を行う必要があります。そもそも、何故直接面談が必要かというと、会社実態の確認だけではなく、契約時に必要な会社印鑑もしくは社長印の捺印、そして印鑑証明書を直接確認する必要があります。
そのため、最近では直接ファクタリング会社で契約する以外の方法として、出張面談に対応しているケースもあり忙しい責任者でもスケジュール調整が行い易くなっています。また、会社印鑑や社長印は基本的には外部持ち出しが出来ないケースも多く、内部統制管理が厳しい会社にとってはメリットがあります。
売掛金を速やかに売却譲渡したい場合、先ずは直接面談が短期間のうちに出来るかどうかしておくことが重要です。特に出張面談の場合、順番待ちや出張距離の影響もあるため、厳しい場合は直接赴く方が良いケースもあります。