ファクタリングを利用する時は悪徳業者かどうか吟味しよう

factoring

ファクタリングによる資金調達計画!固定費用も考慮!

スーツ

ファクタリングにより売掛金を売却し現金化する方法は、資金繰りの改善方法としてメリットがあります。資金繰りが悪ければ、金融機関から融資を受け際の審査ではマイナス評価となるだけでなく、融資実行までの期間が長くより資金繰りを悪化させてしまいます。しかし、ファクタリングなら最短翌日に必要な資金を調達可能なため、資金計画を立て易くなります。
ですが、ファクタリングを利用する際、2社間なら固定費用も資金計画に盛り込む必要があります。そもそも、2社間ファクタリングの場合、登記費用が発生してしまい、その費用は意外に高額です。売掛金の金額が少ない程、その影響は大きく、実際に資金調達出来る金額が減ってしまいます。そのため、ファクタリングで資金調達を行う際は、買取手数料や掛け目で減る以外に固定費用も盛り込んでおくことが重要です。
固定費用の発生を考慮せず、ファクタリングで得た資金が運転資金に足りると思い込み、結果として足りずに支払が出来なかったといったことを回避するため、余裕を考慮するのがポイントです。ファクタリング会社の多くは、複数の売掛金の買い取りを同時に対応してくれるため、保険を掛けた契約をおすすめします。