ファクタリングを利用する時は悪徳業者かどうか吟味しよう

factoring

掛け売りによる現金化の遅れをファクタリングでの解消する

ネクタイ

会社間売買における支払について、日本の商習慣に於いては掛け売りというのがスタンダードとなっています。これは、個人で言ってしまえば「ツケ」と同様で、代金を都度払うのではなく、一定期間分の代金をまとめて支払うといった仕組みのことです。
一時期、「黒字倒産」という言葉が世間をにぎわせました。これは、まさにこの仕組みによる弊害です。会社はモノやサービスを提供することで、確実に利益を生み出していているのに会社が倒産してしまうのです。掛け売りのシステムでは、前述のとおりモノやサービスを提供してもすぐには現金がもらえず、売掛金となります。
売掛金は簡単に言ってしまえば、Xか月後にもらえる予定のお金なのです。その期間まではお金をもらえません。その期間に仕入先への支払いが来てしまい、資金が足りないとなるとXか月後にはもらえる予定のお金があるにもかかわらず会社は支払い不能となって倒産してしまうのです。
そういったことを防ぐために使えるのがファクタリングというサービスです。ファクタリングは、そのXか月後にお金をもらえる売掛金を業者に買い取ってもらうことで、Xか月後ではなく即現金化できます。もちろん、売掛金が100だったらファクタリングで現金化できるお金は100ではなく、若干目減りしますが、目の前の資金が足りずに黒字倒産の可能性がある会社にとっては、非常にメリットがあるサービスといえるでしょう。